月別: 2017年10月


赤い糸30歳で結婚をしたいと考えていて、20代後半に入って交際相手がいない場合には、相手を探すことから始めなければなりません。婚活というと、お見合いや結婚相談所のような本気で結婚相手を探すものをイメージしがちですが今は様々な婚活がありますから気軽に参加できるものから始めてみるのがオススメです。

「婚活なんてまだ早い」ということを口にする人が多くいます。しかし、婚活はそのスタートを遅らせて得られるメリットは何もありません。やはり若い人の方が婚活パーティーに参加しても人気を集めるものですし、気になる相手から自分を選んでもらえる可能性は上がるものです。そして、本格的に結婚を意識してからの婚活は焦りが出てきてしまいモチベーションを維持することも大変になってきますし、うまくいかないと落ち込んでしまいがちです。

早いうちから始めると、余裕がありますしゆっくり自分の好みのタイプや理想のタイプを見極める時間も取ることができるため余裕のある婚活を行うことができます。ただし、時間をかければ良いものでもありません。婚活を続ければ続けるほど欲も出てきてしまうこともあります。一つ一つの出会いを大切にして自分にとってどのような人と結婚するのが良いのかじっくり向き合うことが大切です。

婚活パーティーに参加する際は、きちんとした企業が主催しているかどうか確認しておくことも大事です。よくわからない婚活パーティーですと、既婚者がまじっていたり結婚の意志がない人がいたりする場合があります。しっかりと素性のわかる人達が集まるパーティーを実施しているところを選びましょう。結婚相談所を利用して、結婚相談所主催の婚活パーティーに参加することができれば、サポートもしっかりしてますので、まず安心でしょう。


結婚をしたい年齢を調査すると、半数近い男女が30歳までに結婚をしたいと考えています。この年齢をあげる理由として、子供のことや家を購入すること、仕事のキャリアプランのことを考えて将来の人生設計をすると、この辺りがタイミングが良いと考えられるためです。しかし、実際には30歳前というのは仕事が最も楽しい時期であり忙しい時期でもあります。そのため、なかなかプライベートなことまで時間を割けず結婚のことまで考えることができない場合が多いのです。

カップルしかし、男女共に30歳前後で交際をしていれば結婚については意識をするものです。多くの人が交際期間が1年を過ぎれば結婚を意識するという統計があります。

もしも、結婚を意識している相手なのに結婚についての話が男性から持ち上がらなければ、女性からもそう言った話をすることは問題ないのです。結婚へのタイミングがつかめずに何年も付き合った結果別れてしまうカップルも多くいます。せっかく付き合っていて結婚しても良いと思っている相手ならば結ばれたいものですし、ある時期を過ぎれば出会いの機会も激減してしまいます。ですから、早い段階でこのような話し合いの機会を持つことが結婚へ踏み切るにはとても大切です。


一昔前までは、女性の幸せは結婚して子供を産むことだと言われてきましたが今では決してそうではないと言われるようになりました。仕事で女性が活躍できる場面が増えたこと、一人で生活することができる収入が得られるようになったこと、女性の価値観が変わってきたことから、女性も一人で生きていくことが選択肢として選ばれるようになってきました。同様に、男性も不況から抜け出せず男性一人の収入で家族を養うことができなかったり、仕事が楽しく結婚が考えられなかったり、といったことが原因として結婚に踏み切れない人もいます

縁また、社会の体制が整っておらず、女性が子供を抱えての社会復帰をするには預け先がなかったり会社も受け入れ態勢が整っていなかったりということも結婚から足が遠のいている原因です。このような理由から、日本は晩婚化が進んでいますが全ての人が結婚よりも仕事や自分のことを優先したいと思っているわけではありません。付き合っている人と結婚のことを考えたり、付き合っている人がいない場合には相手を探そうと婚活を行ってみたりと行動をしている人もいます。

では、このように結婚をしたいと考えるタイミングはどのような時なのでしょうか。そして、その時にどのような行動をとればよいのでしょうか。ここでは、男女が結婚について考えるタイミングや、せっかくのタイミングを無駄にしないためにその際にどのような行動をとればよいのかということを紹介をします。